WiMAXのWX03は最大440Mbps超高速通信、果たして買いなのか?

国内のレンタルwifiどこがお得か比較してみました!

wifi,レンタル,比較,波田陽区

いったい国内のレンタルwifiどこがお得なのか?「比較するZOU」では、そんな初心者の方でも失敗しないために、筆者が実際に借りて検証し比較してみました!!



WiMAXのWX03は最大440Mbps超高速通信、果たしてレンタル/買いなのか?

作成日:2016/11/29

 

WiMAX,WX03

 

 

WiMAXから12月上旬12月2日に
国内メーカーのNECプラットフォームズ株式会社より発売予定の、

 

「Speed Wi-Fi NEXT WX03」

 

がネット上で賛否が分かれていることから調査してみました。

 

WiMAX,WX03

 

先日UQコミュニケーションズ(UQ mobile)は、
この冬商戦の商品として8機種のラインナップを発表しましたが、
WiMAX,WX03
それに合わせて今までにない国内最速の超高速データ通信がが可能なWX03を発表しました。

 

これまでの機種と比較してもそのスペックの高さには発売前ながら既に注目されています。

 

 

下り最大440Mbpsで国内最速!

WiMAX,WX03,端末

4×4MIMO技術とCA技術の融合により下り最大440Mbpsの高速通信を実現

この440Mbpsといった爆速は2016年12月現在で販売されている機種の中では間違いなく国内最速でしょう。

 

4×4MIMO

まず「MIMO(マイモ)」とは(Multi-Input Multi-Output)の略で、
送信用(基地局)と受信用(端末)に複数のアンテナを搭載する事により、
通信品質を向上させ、通信速度を高める技術です。
これまで携帯電話などでは2×2MIMOで展開されていましたが
4×4MIMOとなり4Gの電波を4つのアンテナで発信し、
受信側でも4つのでアンテナで電波をキャッチします。
WiMAX,WX03,端末

 

CA(キャリアアグリゲーション)

そしてCA(キャリアアグリゲーション)とはキャリア「電波、搬送波」、アグリゲーション「集約する」という意味で、
複数の通信回線を同時に使用する新しい技術です。
WiMAX,WX03,端末

 

150Mbpsの通信回線と112.5Mbpsの通信回線があったとして、
これまでは端末上で判別し個別で使い分けておりました。

 

しかしこのキャリアアグリゲーションの技術によりこの二つの通信回線を合わせて使用できるようになりました。
そうすることで、

 

150Mbps+112.5Mbps → 262.5Mbps
という高速通信が可能になりました。
複数の電波を使うので万が一通信状態が悪くなった場合でも、もう片方の電波をキャッチすることが出来ます。
1本の電波を使用する場合と比較して安定した通信状態を維持できるというメリットがあります。
この技術は他にも人口密集地など利用者が多いエリアでは、混雑におうじて空きのある電波を優先的かつ効率的に使用する事が出来る為、
通信のトラフィック状態による繋がりにくさを解消することが出来ます。

 

 

440Mbps高速通信を実現

WiMAX,WX03,440Mbps

 

  • 4×4MIMO
  • CA(キャリアアグリゲーション)

この二つの技術により飛躍的に通信速度が上がり、光回線にも匹敵する通信品質へと近づきつつあります。
もちろん常に最高速度を維持することはまずないので利用時の通信環境によりある程度の劣化はすると思います。

 

ただし上記で紹介したように

  • 技術の進歩により効率化が上昇し通信品質が良くなっている
  • 最高速度が上がれば劣化した際にもそれなりの速度が維持されている

といった内容から速度に関しては期待できると思います。

 

440Mbpsと4×4MIMO、CAについての詳しい動画はこちら

 

アンテナ搭載のクレードル登場

WiMAX,WX03,クレードル
以前筆者がレンタルしたHWD15にもクレードルがあり、

  • 充電しながら使える
  • LANケーブル経由でネット接続が可能
  • 通信が安定していた

というメリットがありました。
レンタルした理由としてもWiMAXなら無制限だったからです。
室内でPCに使った際には通信品質も比較的安定していて、充電しながらネットが出来たのでとても重宝しました。

 

ただしひとたび場所を変えたり、違う部屋で使うと、通信環境に影響が出ることもありました。

 

WiMAX,WX03,フェムトセル
こんな室内で使える小型基地局(フェムトセル)もあるようですが、さすがに持ち運びは厳しいです・・・

 

そこで使えるのがこちらの
アンテナ付き専用クレードル
WiMAX,WX03,クレードル

 

内容は下記となっています。
WiMAX,WX03,クレードル2
WiMAX,WX03,クレードル3

 

このクレードルは従来のLAN接続だけでなくアンテナが搭載されているので、
どの方向からの電波もキャッチできる優れものなのです。

 

タッチパネルの操作性

WiMAX,WX03,タッチパネル
WX02まではちいさな液晶で電波状態程度の確認は出来ましたが、
今回のWX03からはタッチパネル
(2.4インチ(320×240ドット)カラーLCD)
が搭載されて端末自体で直感的に操作が可能になりました。

 

従来はPCへの接続やアプリのダウンロードにより設定変更を行っていましたが、
このタッチパネルによりそういった手間も無くなります。
※もちろんアドミン画面によるPC上での操作や、
スマートフォンアプリ「NEC WiMAX 2+ Tool」による操作にも対応してます。

 

 

電波状況をよりわかり易く、『電波インジケータ』


WX03から新たに搭載された機能として面白いのがこの『電波インジケータ』です。
電波を本体画面上にグラフ形式で表示させ、
これまでと比較してよりわかり易くグラフィカルに電波状況が確認できるようになってます。
WiMAX,WX03,電波インジケーター

 

キャリアアグリゲーションや4×4MIMOの細かな状況は確認出来ないようですが、
それでも地方や入り組んだ屋内で使用する場合常に流動している電波状況を把握しやすくなるのは、
今後WiMAXを使っていくうえでも目安となると思います。

 

WiMAX2+しか使えない

WiMAX,WX03,WiMAX2+
WiMAXでは現在3つの通信方式を展開しており、
機種によっては端末上で切り替えて使えるものがあります。

 

なぜこんな仕様になっているかと言うと、、
それぞれの電波に特色や一長一短があるため、
利用用途にあわせて使えるようになっているからなんです。
WiMAX,WX03,ハイスピードモード

 

ただしこのWX03においては、
ハイスピードモード
しか使えないんです。

 

これ聞いた時は正直がっかりでした・・・

 

以前レンタルしていたHWD15などは上記の三つのモードに対応していたので、

通信モード 利用制限 通信速度 利用用途
ノーリミットモード(WiMAX) なし 最大13.3Mbps 他のモードと併用し、サポートとして使う

ハイスピードモード
(WiMAX2+)

3GB/3日
※低速化
(500Kbps〜5Mbps)

最大110〜440Mbps 通信速度も速くメインの通信回線として使う

ハイスピード
プラスエリアモード
(au 4G LTE)

月間7GB
※低速化
(128Kbps)

最大75Mbps エリアが広いので地方や郊外で使う

上記のような使い方が出来ました。
自分の利用用途に応じて通信モードを切り替えられるので安定しているという安心感がありました。

 

しかし現在はWiMAX2+の技術進歩や設備投資などにより通話品質が向上しています。
事実筆者自身もHWD15をレンタルした際にハイスピードモードだけで十分なほど使えました。

 

速度規制がかかった際にも平均で2〜3Mbpsは出ていたのでスマホやPCなどでyoutubeの標準画質の動画視聴にも支障はありませんでした。

 

これはUQコミュニケーションとしても自社のWiMAX2+に相当の自身があるのかもしれません。

 

 

WiMAXのWX03は最大440Mbps超高速通信、果たしてレンタル/買いなのか?のまとめ

今回久々に1つの機種に的を絞って解説しましたが、
WX03はそれだけのポテンシャルのある機種だと思います。
レンタルに関しても、購入に関してもずばりかなりお勧めだと思います。

 

ただしこの手の機種は発売当初ソフトウェアのバグなどで不具合が起きる可能性もあります。

 

購入を検討している方はそれこそレンタルで様子を見てみるのはいかがですか?

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑↑↑↑↑↑
国内レンタルWiFi比較するZOUの記事を読んでいただきありがとうございます。
今後も頑張って貴重な情報をアップしていきますので、
こちらクリックをお願いします。

関連ページ

騙されるな!アダルト詐欺サイトの実態と対処方法!
国内レンタルwifi比較するZOUは日本国内での価格別、サービス品質別などで比較するサイトです。ネット世界に氾濫するアダルト詐欺サイト、スマートフォンやPCの普及に伴い被害も拡大しています。
本日11/10発売 PlayStation4proのレビュー速報
国内レンタルwifi比較するZOUは日本国内/海外での価格別、サービス品質別などで比較、説明するサイトです。PlayStation4proの発売に関してのレビューをまとめました。
WiFiルーターだけじゃない!レンタル時にはバッテリーにもご注意ください。
国内レンタルwifi比較するZOUは日本国内での価格別、サービス品質別などで比較、説明するサイトです。格安レンタルプランにあるバッテリーチャージャーレンタルのご紹介。
未成年を襲うネット被害!高校生を取り巻くネット環境
国内レンタルwifi比較するZOUは日本国内での価格別、サービス品質別などで比較、説明するサイトです。高校生や未成年者へのネット被害とスマートフォンやSNSの実態を調査。
使えるアプリZTElink!Wi-Fiルーターの必需品!
国内レンタルwifi比較するZOUは日本国内での価格別、サービス品質別などで比較、説明するサイトです。ZTEのアプリZTElinkはアドミン画面で不可な設定も可能です。ZTEのWiFiルーターを使うなら必需品です。
CGが現実を超えた!リアルすぎる女子高生「saya」の可能性
国内レンタルwifi比較するZOU 現実を超えたCG リアルすぎる女子高生「Saya」はCGに革命をもたらした。
昔はカケホーダイ レンタルが主流・技術と共に進化した携帯電話の歴史
国内レンタルwifi比較するZOUは日本国内での価格別、サービス品質別などで比較、説明するサイトです。技術と共に進化した携帯電話やスマートフォンの歴史。当時はレンタル携帯電話が主流だった。
オリンピックやポケモン GOについてもコメント、iPhoneのパーソナルアシスタントSIRIのトーク集
国内レンタルwifi比較するZOUは国内外でのモバイル関連情報を検証、ご紹介。iPhoneのパーソナルアシスタントSIRIのコメント集。
今もレンタル現役!ワイモバイルのGL06Pを改めて調査してみた!
国内レンタルwifi比較するZOUは日本国内での価格別、サービス品質別などで比較、説明するサイトです。実体験に基づきレンタル機種GL06Pのスペックや情報を比較し紹介します。
iPhone7/7Plus遂にベールを脱いだ!iPhoneの防水性能とは
国内レンタルwifi比較するZOUは日本国内、海外での価格別、サービス品質別などで比較紹介するサイトです。iPhone7/7PlusがFelica搭載9月下旬に発売開始する。iPhoneの防水機能とは。
みんなスマートフォンを何に使ってるの?
<国内レンタルwifi比較するZOU>は日本国内での価格別、サービス品質別などで比較、説明し初心者でも安心してレンタルできるよう紹介するサイトです。スマートフォンに関する利用用途を通してレンタルする際の参考に知れもらえればと思います。
本当は怖い現代病 スマートフォン依存症に潜む恐怖
国内レンタルwifi比較するZOUは日本国内での価格別、サービス品質別などで比較、説明し初心者でも安心してレンタルできるよう紹介するサイトです。今回はスマートフォン依存症による恐怖スマホ首、スマホ中毒などスマートフォンに関しての怖い話をまとめました。