格安SIMを契約する前に確認しておくべき10の事

国内のレンタルwifiどこがお得か比較してみました!

wifi,レンタル,比較,波田陽区

いったい国内のレンタルwifiどこがお得なのか?「比較するZOU」では、そんな初心者の方でも失敗しないために、筆者が実際に借りて検証し比較してみました!!



格安SIMを契約する前に確認しておくべき10の事

レンタルWiFi,格安SIM
昨年10月にMMD研究所によって行われた調査によりますと、
国内の15歳から69歳の男女35,161人を対象に行われた調査によって、

 

格安SIMサービスを利用しているのは全体の14.7%

 

という結果がでました。

 

レンタルWiFi,格安SIM

 

まだまだ大手の主要キャリアには及びませんが、ここ数年で着実にシェアを伸ばしてきている格安SIM。

 

一般的なイメージとしては
・安い
・データ通信メイン
・SIMフリーが必須

 

といったところだと思います。

 

もちろん間違いではないですが格安SIMにはまだまだ確認いしておいた方が良い点があるので今回は筆者の経験も交えてご紹介します。

 

  1. 契約解除料金が発生します
  2. 対応機種を確認
  3. クレジットカードが必要
  4. 自動的に解約されないコンテンツを確認
  5. 電子マネーに引き継ぎを確認
  6. SIMのサイズの確認
  7. 実測を考慮する
  8. テザリング機能は使えるか
  9. アンテナピクト問題
  10. 設定は手続きは自身でやる

 

 

契約解除料金が発生します

手軽で安く使える格安SIMですが解約の際に契約解除料が発生するものも少なくありません。
年間縛りが24カ月以上のdocomo、au、softbankなど主要キャリアと比べると、
6か月〜1年程度と比較的縛り期間は短い格安SIMですが、
それでも所定の期間に満たず解約する場合は契約解除料が発生しますので、
格安SIMだからと安心せず、契約前に必ず確認してみてください。

 

 

対応機種を確認

『SIMフリー端末であれば問題ない』

 

との意見も全くの間違いではないですが、
実際問題SIMフリーであっても使えないケースが存在します。
代表的なものとしては、
OSの問題
です。

 

Windows系のOSでは使えないものも多く、
国内のSIMフリーではシェアが高いAndroidやiOSであってもOSのバージョンによっては使えない事があります。

 

格安SIMを契約してから自分のスマホが使えなかったなんて最悪なので、
事前にSIM業者の専用サイトなどで必ず確認しましょう。

 

 

クレジットカードが必要

国内主要キャリアも同様ですが格安SIMの多くが支払方法をクレジットカードに限定しています。
サービスやプランなども年々増加しているこの格安SIMですが以外にも支払方法の選択肢があまりないので、

関連ページ

タイAISから発売のアジア周遊SIM SIM2Flyが凄すぎる件
国内レンタルwifi比較するZOUは日本国内での価格別、サービス品質別などで比較するサイトです。タイのAISから出たSIM2Flyはアジア周遊用のツーリストSIM。他のSIMと比較して巣の凄さを実感。
タイ国内バンコクのスーパーで訪日データ通信SIMカードを発見
<国内レンタルwifi比較するZOU>は日本国内での価格別、サービス品質別などで比較、説明し初心者でも安心してレンタルできるよう紹介するサイトです。レンタルWiFiに取って代われるか?タイ国内バンコクの日経スーパーで訪日プリペイドデータ通信SIMカードを発見。レンタルWiFi以外に簡単で安い日本国内でデータ通信を行う方法。
日本国内で使える格安SIMカードについて考えてみた
<国内レンタルwifi比較するZOU>日本国内で使える格安SIMについて考えてみた。スマホやタブレットに挿すだけで使える格安SIMについてレンタルWiFiと比較しながら考えた。
格安SIM昼の時間帯でダウンロードスピードに差が 通信速度の低下
<国内レンタルwifi比較するZOU>日本国内で使える格安SIMの時間帯別通信速度について調べてみた
ヨーロッパの海外SIM 3UK入りレンタルWiFiをルーターを無料でハワイで使ってみた
<国内レンタルwifi比較するZOU>ヨーロッパ用の海外SIMを入れたレンタルWiFiルーターを無料でハワイでつかってみました。ヨーロッパ3UKSIM