格安SIM昼の時間帯でダウンロードスピードに差が 通信速度の低下

国内のレンタルwifiどこがお得か比較してみました!

wifi,レンタル,比較,波田陽区

いったい国内のレンタルwifiどこがお得なのか?「比較するZOU」では、そんな初心者の方でも失敗しないために、筆者が実際に借りて検証し比較してみました!!



格安SIM昼の時間帯でダウンロードスピードに差が 通信速度の低下

wifi,レンタル,比較,SIM,MVNO

ここ最近格安SIMについて取り上げてきましたが、
新たな情報を入手したので追加でアップたいと思います。

 

通信回線をレンタル、MVNOと格安SIMの仕組み

まず格安SIM]とMVNOの仕組みについて簡単に説明します。
wifi,レンタル,比較,SIM,MVNO,仕組

 

大手通信キャリア(MNO)は格安SIM業者(MVNO)へ自社の通信網(通信帯域)のレンタルおよび通信量(月間当たり○○GBといったもの)の卸売りを行い、
格安SIM業者はその通信帯域をユーザーへ小分けにして提供する。

 

格安SIM業者は買い取る通信の量に応じてコストが変わるため、有限な資源であり、限界がある。
多くのユーザーが同時に大量のデータを使用することを防ぐため、通信速度の制御を行うことがある。

 

当然大手通信キャリアからさらに多くの通信帯域のレンタルおよび通信量を買い取れば、ユーザーが使える通信量も増えるのでこう言った問題は解消されるのであるが、格安SIM業者のコストも増えてしまう為安さが売りの格安SIM業者としては簡単に決断することが出来ない。

 

また大手通信キャリアではデータ通信容量の増大を分散させる手段として、駅や空港、ホテルなど人が多く集まる場所において多数のWiFiスポット(公衆無線LAN)を設置しており、ユーザーへほぼ無償で提供している。
ただしほとんどの格安SIM業者はこういった分散手段(オフロード)を持たない為、時間帯等に応じて混雑してしまう事がある。

 

格安SIMはお昼の時間帯で通信速度が低下してしまう

wifi,レンタル,比較,SIM,MVNO,仕組

 

1日を通して見ると昼の12時〜13時にかけてがもっとも通信速度が遅く、会社の昼休みなどレストランを見ると休憩中の会社員がひたすらスマートフォンに向かってSNSなどを行っている光景が目に浮かぶ。

 

また昼間であっても大手通信キャリアであれば20Mbps以上の速度が出ているのに対して、
格安SIMは1Mbps以下がほとんどだ。
ドコモ系の格安SIMでは、OCN、b-mobile、楽天モバイルが比較的安定した速度を記録しており、
au系の格安SIMもどちらも速度が安定していた。

 

 

格安SIM時間帯通信速度のまとめ

現時点ではau系の格安SIMが安定しており、
いずれにしても混雑する時間帯を避けたほうが無難である。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
記事を読んでいただきありがとうございます。
こちらクリックをお願いします。


関連ページ

タイ国内バンコクのスーパーで訪日データ通信SIMカードを発見
<国内レンタルwifi比較するZOU>は日本国内での価格別、サービス品質別などで比較、説明し初心者でも安心してレンタルできるよう紹介するサイトです。レンタルWiFiに取って代われるか?タイ国内バンコクの日経スーパーで訪日プリペイドデータ通信SIMカードを発見。レンタルWiFi以外に簡単で安い日本国内でデータ通信を行う方法。
日本国内で使える格安SIMカードについて考えてみた
<国内レンタルwifi比較するZOU>日本国内で使える格安SIMについて考えてみた。スマホやタブレットに挿すだけで使える格安SIMについてレンタルWiFiと比較しながら考えた。
ヨーロッパの海外SIM 3UK入りレンタルWiFiをルーターを無料でハワイで使ってみた
<国内レンタルwifi比較するZOU>ヨーロッパ用の海外SIMを入れたレンタルWiFiルーターを無料でハワイでつかってみました。ヨーロッパ3UKSIM